既婚者同士で両思いのプラトニック・ラブとは?

スポンサーリンク

ようこそ「既婚者同士で両思いのプラトニック・ラブ」のサイトへ!
私は「既婚者同士恋愛専門アドバイザー」の菜摘と言います。

 

既婚者同士が両思いの時とは?

 

これは、私の体験談なのですが、私のパートナーの給料が安いので、
もう15年も前から、私はインターネットを利用したビジネスをしています。
15年前と言えば、まだGoogleが日本に無かった頃でした。

 

当時のネットビジネスの主流とは、一般のドラッグストアなどでは売っていない、
サプリメントや、健康食品を安く仕入れて、インターネット上で、
販売者を募集する、というものでした。

 

もちろん、自分もサプリメントの愛用者になるのですが、
この「募集した販売者」が、また、販売者を募集すると、

 

自分が「紹介者」となり、売り上げの数%が、自分の元に入ってくる、
という仕組みの、ビジネス・スタイルでした。

 

また、この販売者の募集をするためには、ホームページを作って
「在宅でビジネスをしませんか?」という、広告をメールマガジンで、
1回1000円位で、自分のホームページだけを宣伝する必要がありました。

 

私は自分もビジネスをしていましたが、この「広告費」が、もったいないので、
自分で「有料メールマガジン」の運営者となりました。

 

すると、結構、お客様がいて、月収5万円くらいには、なりました。
そんな時出会ったのがHさんという既婚男性の方でした。
その方とは、まだ一度もお会いしたことも無いし、恋愛感情を抱いたこともありません。

 

しかし、インターネット上でのお付き合いは、今でも続いていて、
最近は、スカイプ通話もするようになりました。

 

既婚者同士のプラトニック・ラブとは?

スポンサーリンク

このHさんとのお付き合いは、あくまでビジネス上のものであり、
「両思い」とは言えません。
ですから、最近チョットだけ、胸がときめいてしまった、Tさんのお話をします。

 

私は昔から歌手の「ZARD」が好きだったので、フェイスブックで
「ZARDのコミュニティ」にグループ参加をしています。
そこで、毎回ステキな映像をアップして来る、Tさんと知り合いました。

 

また、今年2016年は「ZARDデビュー25周年記念イヤー」で、
ベスト・アルバムや、DVDが発売されて、各地でイベントも開催されました。
そして、私が「山野楽器」のイベントに参加すると、いきなり

 

「菜摘さん...ですか?」

 

と、突然声を掛けられたので、ビックリしてしまいました。
Tさんは、フェイスブックでは「顔出し」していませんが、
私はプロフィールや、写真で顔を出していたので、向こうから声を掛けてくれたのです。

 

その後、Tさんとは喫茶店で「ZARD」の話をして、
私の今年中学生になる、長女の話や、Tさんも2歳下の息子さんの話などをして
楽しいひとときを送り、少しだけドキドキしてしまいました。

 

そして次の日からフェイスブックの「ZARDのコミュニティ」や
私や彼のタイムラインでは、「なっちゃん」「Sクン」と
下の名前を呼び合う、プラトニックな「両思い」となったのです。

 

けれども、もし貴女が既婚女性で、好きになった彼が既婚男性ならば、
お付き合いは、リアル社会で、しょっちゅう会って、お茶をしたり、
お酒を飲んだりするのは、おすすめ出来ません。

 

お互い大切な、パートナーがいて、家庭も幸せならば、
あくまで、インターネット上での会話程度に
留めておきましょうね!

 

・・・というわけで、あなたもこのサイトの記事を読んで
「既婚者同士で両思いのプラトニック・ラブ」の
お勉強をしてくださいね!-☆

スポンサーリンク